育毛剤 - 健康な髪の毛と、成長のサイクル

健康な髪の毛の状態とはどんな状態を指すのでしょうか。髪の毛の表面はキューティクルという成分で覆われており、イメージとしては魚のうろこのような感じになっています。
女性の薄毛解消のための人気商品は?

このキューティクルがきれいに覆っている事で、髪の毛に含まれている水分や栄養分が外に流れないようになっています。この状態をきちんと保てていると、周りから見た時にツヤがあり、しなやかな髪の毛に見え、健康な状態と言えるのです。

髪の毛を健康に保つには、頭皮の状態が大切です。健康な頭皮を保つためにはまず、髪の毛の生えてくるサイクルを知っておく必要があります。人の髪の毛は毎日入れ替わっており、実は一日に50本から80本ほどの髪の毛が抜けています。

これは髪の毛が薄くなっている訳ではなく、新しく生える髪の毛に入れ替わることでの自然のサイクルなのです。この入れ替わりのサイクルは毛髪サイクルと言われており、一定周期で髪の毛が成長、成長が終わると抜け落ち、新しい毛が生えるという繰り返しになっています。

これらの3段階は成長、退行、休止という呼ばれ方をしており、成長段階は髪の細胞が成長をしています。成長とは、細胞が分裂をしている事を言い、分裂が繰り返される事で最初は髪の毛の長さが伸びていき、その後は段々と髪が太く、長くなっていきます。

ちなみに髪の毛が薄い方は、この髪が十分に成長しきらない段階で、退行の状態に移るという症状の事を言います。退行の段階では、分裂を繰り返し行っていた細胞が、段々とスピードを落とし始める時期です。

髪の毛の成長の終わりの段階に来ると、細胞はメラニンという髪の毛の成分を合成するのをやめ始め、細胞も細くなって行きます。そして、最後の休止の段階に入ります。

休止の段階は髪の毛の細胞は成長させる事を完全にやめています。ここからは新しい髪の毛が生えてくる前段階に入っており、古くなった毛は毛根で繋ぎとめられている力もゆるくなっており、抜ける直前になっています。お風呂などで髪を洗うと、簡単に抜け落ちます。

髪の毛の脱毛にも種類がある

髪の毛の脱毛や薄毛の原因は、生えてきて抜け落ちるまでの毛根サイクルにあります。成長が止まり、抜け落ちるまでのサイクルが早いと髪の毛のトラブルに繋がります。ですが、毛根サイクルに異常が出る原因についても様々な理由があります。

一番多いのは男性性の脱毛症で最近AGAと言われているものです。AGAは男性らしさを作っている男性ホルモンが、過剰に分泌されて起こるものです。髪の毛の成長を支えるのは女性ホルモンで、その働きが抑制されてしまいます。

二つ目は円形脱毛症です。これも脱毛の症状で多いケースです。自己免疫疾患というものが原因となっており、免疫細胞が髪の毛の成分を攻撃してしまうために脱毛が起こります。

円形脱毛症は小さなコインくらいの面積での脱毛の場合は良性で、広い面積で広く円形に脱毛するものは悪性と言われています。この場合は円の形もいびつになっており、目にもハッキリと見える形で症状が出てきます。

次に粃糠性脱毛症です。これは頭皮の乾燥が原因で起こる脱毛です。頭皮が乾燥しすぎるとフケの原因となり、毛根の環境が悪化するため、抜け毛が多くなり、脱毛症に繋がります。

シャンプーの洗い残しや、特に男性の場合は洗浄力の強いものを選ぶ方も多いため、乾燥やフケの増加に繋がります。フケは毛根に詰まり、新しい毛が生えてくるのを抑制してしまいます。初期の段階は改善しやすく、症状が進んだものを粃糠性脱毛症と呼んでいます。

脂漏性脱毛症というものもあります。これは頭皮から分泌される皮脂が原因で起こる脱毛症です。粃糠性脱毛症と仕組みでは似てい部分があります。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に皮脂が詰まってしまい、これにより新しい髪の毛が生えて来なくなります。

毛根の細胞も毛穴が詰まる事で酸素不足になるため、成長が抑止されてしまいます。最初に述べたAGAと合わせて起こることもあり、両方が合わせて起こると脱毛が更に早まってしまうため、注意が必要です。